キャンペーン広告

登録簡単 Amazonフレックス 軽貨物 副業 レビュー 必要な物 知っておかなければいけないこと

はじめに



軽貨物 副業 本業などに簡単にはじめれれるAmazonフレックスについてブログに紹介しておきます


私自身 中々最初 教えていただけるもらえる環境が悪かったので ブログの記事にしみました



Amazonフレックスのはじめ方




Amazonフレックス を 始めるのは簡単

アプリをダウンロードして 登録

車検証

車の写真 (ナンバー)

免許証の写真

任意保険証の写真 荷物保険は不要 Amazonで保証するみたいです

登録は 簡単で書類をアップロードしてから一週間以内に 承認されたと思います

( 人によって期間に違いはあるかも知れません)



仕事の受け方




アプリを起動すると オファーという欄があります


その中に配達員の募集をしているステーションが見れます

この中から 自分で選びます



Amazonフレックスとは??

登録をすると

大きく分けて 2種類の仕事があります

Amazonフレッシュ

食品の配送

スーパーのライフと提携しているみたいでライフに集荷

専用の保冷バックを積み込み 中身のみをお客さんに取り出してもらい 保冷バックはライフに返還

返還自体は翌日でもいいみたいですが かさばるので翌日も仕事の予定が入っていない時は 返還に戻ります

Amazonの倉庫からも 発送はありますので 私が経験した中では 川崎 有明などが 

Amazon専用の倉庫

ライフは 桜新町などです

ライフとAmazonの倉庫には保冷バックの種類の違いはありますが

やり方は同じです

配達に伺い 中身はお客さんに出してもらい 保冷バックは返還


時間的に短いものが多く 二時間半くらいものが多いと思います


Amazonフレックス(Amazon商品の配送)


置き配と呼ばれる配達がある通常の配達

こちらは 八時間オファーなど 長い時間の仕事もあり

自宅からの距離が多少あっても受ける人は多いみたいです



報酬

基本は時給2000円計算みたいですが 急な募集など人が足りないなどの場合は割増のオファーが出るみたいです

時期によっては 週の労働時間によって 抽選でプラス 25000円が追加されるキャンペーンだったり

はじめて登録をして 配達を何回かこなすと 10000円だったりと

追加の報酬もありますが はじめてまもない人の週の上限は12万から 14万くらいでしょうか…

そもそも オファーを取るのに不慣れだと 長い時間のオファーがとれません



オファーの取り方




基本は一週間前から予定を組んでいきます

仮に今日が月曜日であれば 来週の月曜日の予定を入れていきます

キャンセルなどもありますので 明日のオファーが急に出ることもありますので

Amazon専門にやるかたはかなりの頻度でチェックしてるみたいです

基本は30分刻みでチェックみたいです

いいオファーは 一秒でなくなりますので 車内に時計を用意しておくといいと思います

私はホームセンターなど見に行きましたが 結局通販でいいのが

電波式時計で 日にち 秒も出るタイプ





必須アイテムだと思います



朝方の7時 が1番長いオファーが出るみたいで アクセルできないほどの人気みたいです

優秀な配達員には 一ヶ月先の優先オファーや2万円を超えるオファーなどもあるみたいなので

そこを目指していくみたいです


※Amazonフレックスをはじめるのに必要なもの※


まずは 

ゼンリン地図アプリ 配達アプリ(有料)


Amazonのアプリは配達員の配達完了の操作のデータをもとに 

お客さんの配達場所を登録 指示を出してきます


かなりの確率で指示場所違いがあり 誤配 などは アカウントの評価 落ち 最悪 停止もありうることなので  必ず必要なアプリと言えます




台車





そんなに大きなものでなくていいのですが ブレーキがあると楽です

特に Amazon フレッシュ(食品の配送)は必須



時計

オファーが 秒単位でなくなりますので AM7時のオファーなど 時計を見ながらアクセスをするといいと思います






モバイルスターター


軽貨物で 宅配をすると バッテリー上りはかなり多いみたいです

原因としては 停車中のハザード 

ふいに バッテリー上りを起こしたときに かなり重宝するみたいです





伝票入れ

場所によって かなりの確率で不在票を使う時があります

特に都心部 宅配ボックスなどを使う場合も不在票を使います

あると便利




ビニール袋


アマゾンフレックスでは 置き配を推奨している関係で 置き配をしないと 終わらない量の荷物がある場合があります

そんな時 雨など の時など ビニールがないと 終わらないこともありえますので

必ず 常備しておいたほうがいいです



スマホホルダー




大きいものも用意しましょう

基本的に スマホを見ながら仕事をするようになりますので

必須です 

私が購入した中で かなり しっかり固定できるモデル

お勧めです




モバイルバッテリー





Amazonフレックスアプリは

かなりのスマホの電気を使います 

かならず電源が途中でなくなりますので

2.3個常備しておいたほうがいいと思います

充電をしながら配達は当たりまえです






まとめ


ステーションでも オファーをとって 初めての場合 研修などを受けさせてもらえますが

荷物を積んで すぐ配達 ということになることも多いです

事前に用意しておけるものは用意しておいたほうがいいと思います

レベルによって 管理をしているみたいですが 


~ 10回配達  レベル1 65パーセントの荷物量

~ 20回配達  レベル2 85パーセントの荷物量

(回数はまちがいがあるかもしれません)

わからないことがあれば ブルーベストを着ている 人間に聞くということみたいです



特に Amazonフレッシュ などは おしえてくれる人がいないので わからないことがあった場合は

アプリより サポートデスクに連絡する方法をとっているみたいです